大阪市大正区のアパートで殺人事件 隣人の35歳男を逮捕 2017年4月29日



2017年4月29日午後1時前、大阪市大正区小林東のアパートの一室で、71歳の男性が殺されているのが見つかった。





男性はこの部屋の住人の劒持好夫さん(71)。
首や背中など十か所以上に刺し傷があった。
大阪府警は、殺人事件とみて、大正署に捜査本部を設置した。

30日未明、府警捜査本部は、任意で事情を聴いていた同じ階に住む無職の八島茂樹容疑者(35)を殺人の容疑で逮捕した。
八島容疑者は「僕は殺していないです」と容疑を否認している。
八島容疑者は、任意の調べでは「顔やほっぺたを刺したり切ったりした」「飼っている犬のことで文句を言われていた」など、犯行をほのめかす供述をしていたという。




劒持さんが殺されていたアパート3階の廊下には血痕があったが、他の階から血痕は見つからなからず、当時3階には2人以外入居者がいなかったので、八島容疑者の関与が疑われた。
しかし、事件後、八島容疑者の行方が分からなくなっていた。
八島容疑者は、29日深夜アパートに戻ってきた。その時、左手に軽傷を負っていたという。

4月27日午後6時から29日午後1時前の間に、殺されたものとみられる。

[ここに地図が表示されます]





この記事へのコメント